別荘

一度景観に魅せられると病み付きになる!軽井沢で別荘を持つ方法

中古別荘を購入するなら定期的な使用状況を確認しよう!

今では中古の別荘も多く販売されており、新築するより安い価格で購入することができます。バブル時代にこだわって建てられら別荘も使用頻度が少なくなったり、オーナー自身が高齢になり処分をすることも増えています。そのため、別荘を中古も多くなっています。しかし、中古の別荘を購入する際には立地や建物の外観などの見た目、使用頻度が少ないといったことで即決するのは避ける必要があります。
中古の別荘となると、一般住宅とは異なり、長期に亘って人の出入りが少ないといったケースが多くあります。住宅などは、人がおらず、寒気や生活で発生する熱が物件を長持ちさせるものの、別途になるとそうもいきません。そのため、中古で別荘を購入する際には1年を通して使用する頻度が多い、または管理会社が定期的に換気などの保守メンテナンスを行っているかが重要になります。
特に木造建築の場合、湿気により外観では分からないダメージが生じている可能性があります。また、水道などの使用が少なく、配管の腐食や湿気がこもり易く、悪臭の原因となる可能性もあります。そのため、中古で別荘を購入する際には、定期的に人の出入りがあるかどうかも重要なチェックポイントになります。特に長期に亘って、使用していない物件については購入の選択肢から外すのがオススメです。

サブメニュー